1.目的

 市民のみなさまのご自宅周辺の洪水による危険性をあらかじめお知らせすることで、市民のみなさまの避難行動に役立てたりして頂きたいと考え、作成しました。

2.ハザードマップとは

 このマップは、桑名市に洪水をもたらす危険が大きい揖斐川、長良川、木曽川、多度川、肱江川、員弁川の堤防が決壊(破堤)したとき、市民のみなさまのお住まいがどの程度浸水する恐れがあるかをお知らせするものです。

3.利用方法

 大きな洪水の発生が予想される時、避難の対象となる人は、洪水ハザードマップに表示されている浸水深の色と、ご自宅の家の階数とで判断します。例えば、浸水深の凡例で、濃い青色で表されている浸水深2mから5mでは、2階建て以下にお住まいの方は避難が必要です。

みなさまのお住まいの地域版を参照してください。

市全域版(桑名市全域) [28389KB pdfファイル] 

桑名北地域版(修徳・大成・大和・七和・深谷・大山田・星見ヶ丘) [16255KB pdfファイル] 

桑名南地域版(日進・精義・立教・城東・益世・桑部・在良・久米・城南) [18552KB pdfファイル]

多度地域版(多度全域) [20346KB pdfファイル]

長島北中部地域版(長島北部・長島中部) [20066KB pdfファイル] 

伊曽島地域版(伊曽島地区) [21331KB pdfファイル] 

浸水想定区域における災害時要援護者施設一覧 [86KB pdfファイル]  

お知らせ

 平成27年の水防法の改正に伴い、多発する浸水被害への対応を図るため、国および三重県が管理している主要河川において、従来、計画規模の降雨を前提として浸水想定をおこなっていたものを想定最大規模の降雨を前提とすることに見直され、新たに洪水浸水想定区域等を公表しました。これにより桑名市においても、洪水ハザードマップの修正を検討しています。新しく洪水ハザードマップができましたら、みなさまにお知らせします。

木曽川水系洪水浸水想定区域等の公表(国土交通省) www.cbr.mlit.go.jp/kisojyo/shinsuisoutei/index.html

員弁川水系洪水浸水想定区域等の公表(三重県)www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0035700016.htm

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

 PDF

Adobe Readerをダウンロード>>