家庭でできる事前対策

防災の一番の基本は、自分で自分の身を守る「自助」、個々の家庭での防災です。

自分がケガをしてしまったら、家族を救うことも隣人を助けることもできないのです。

そうならないよう、家庭では次のような備えをしておきましょう。

家庭でできる事前対策


 

家の中での対策

阪神・淡路大震災での犠牲者の死因を見ると、8割強が倒壊した建物や転倒した家具などの下敷きになったことによるものでした。

このことは、建物の耐震化や家具類の転倒防止措置をとることで、人的被害をかなり小さくできることを示しています。

家具類の転倒防止対策は、建物の耐震化に比べれば手軽に実施できるものですし、建物が安全でも家具が転倒するようではいけませんから、皆さんの家庭でも早急に実行するようにしましょう。

家庭でできる事前対策

家庭でできる事前対策

家庭でできる事前対策

ポルトガル語版

家庭でできる事前対策(ポルトガル語版) [107KB pdfファイル] 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>