避難情報にご注意ください

桑名市災害対策本部では、気象情報や河川水位の上昇など総合的に判断し、避難等が必要になると予想される場合に避難情報を発令します。
市が発令する避難情報は「警戒レベル3 避難準備・高齢者等避難開始」、「警戒レベル4 避難勧告」、「警戒レベル4 避難指示(緊急)」、「警戒レベル5 災害発生情報」があり、あらかじめこれらの違いを理解しておくことが「自らの命を守る」ことにつながります。避難情報の違いを理解し、早めの行動を心がけましょう。

避難情報の発令は

市が発令する避難情報は、下表のとおり警戒レベルを加えて発令します。

危険度 警戒レベルと避難情報等 避難行動等


 

 

 


 

 

 

 

市が発令 警戒レベル5  災害発生情報

既に災害が発生している状況です。

命を守るための最善の行動をとりましょう。

警戒レベル4

避難指示(緊急)

避難勧告

避難が必要な地域等にお住まいの方は速やかに指南先に避難しましょう。

避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や、自宅の2階やご近所などのより安全な場所に避難しましょう。

警戒レベル3 避難準備・高齢者等避難開始 避難が必要な地域等にお住まいの方で、避難に時間を要する人(高齢の方、障がいのある方、乳幼児等)とその支援者は避難しましょう。
気象庁が発表 警戒レベル2

洪水注意報

大雨注意報 など

ハザードマップ等でお住まいの場所の危険性を確認し、警戒レベルが高まった場合にとるべき避難行動を確認しましょう。
警戒レベル1 早期注意情報 備蓄品の確認など、災害への心構えを高めましょう。
※平成31年3月に内閣府により避難勧告に関するガイドラインが改定されました。

桑名市では、風水害において市内全域での「全員避難」は必要ありません

国のガイドラインはレベル4で「全員避難」としていますが、風水害において、桑名市では浸水想定区域内など、避難が必要な地域のみを指定して避難情報を発令します。
指定されていない地域においては、原則として避難する必要はありません。また、指定された地域においても、市が配布しているハザードマップの危険エリアから大きく離れている場合は、原則として避難する必要はありませんので、冷静に対応してください。 

避難するときは開設している避難所を確認してください

避難所は、気象情報や避難情報等に応じて段階的に開設します。これまで開設していた避難所であっても、土砂災害や浸水のおそれがある避難所などは危険なため開設されないことがあります。「桑名市ホームページ」「防災行政無線」「桑名市災害時緊急メール」「エリアメール」等で開設している避難所を確認のうえ避難してください。

水や食料、毛布などを持参してください

避難所には食料や毛布、懐中電灯などを備蓄していますが、あくまでも緊急時のためのもので、数には限りがあります。
飲料水や食料、常備薬など、必要なものは必ず持って避難してください。

避難所運営に協力してください

避難所には市の職員が充てられていますが、災害の状況によっては「参集が遅れる」、「参集ができない」といった場合もあります。避難所の運営は可能な限り避難者が主体となり、一人ひとりの協力のもとで行ってください。

「警戒区域」の設定と「退去命令」について

上記のほか、市長により、住民の保護を目的に、危険な地域を「警戒区域」として設定される場合があります。
「警戒区域」を設定した場合、この区域への立ち入りを制限、禁止または、その区域からの「退去命令」が出される場合もあります。【市長の警戒区域設定権等:災害対策基本法第63条】