ガソリン等の取扱いに注意して下さい!

 平成25年8月15日、京都府福知山市の花火大会会場で多数の死傷者を出す火災が発生しました。

 このような火災を防ぐため、特に、火気を使用する屋台等における防火安全対策が極めて重要であり、ガソリン等の危険物の貯蔵・取扱いについては細心の注意が必要となります。

 

ガソリン等の貯蔵・取扱いに関する注意事項
1 ガソリンと軽油の危険性
  • ガソリンは気温が-40℃でも気化し、小さな火源でも爆発的に燃焼する物質(軽油は+40℃)です。
  • ガソリンの蒸気は、空気よりも重いため、穴やくぼみなどに溜まりやすく、離れたところにある思わぬ火源(ライター等の裸火、静電気、 衝撃の火花等)によって引火する危険性があります。
  • 軽油は、大量に保管すると火災危険性が高まるとともに、一旦火災が発生すると大火災になる危険性があります。

  

2 ガソリンや軽油を入れる容器
  • ガソリンや軽油を入れる容器は、消防法令により、一定の強度を有する材質のものを使用することとされています。
  • 特に灯油用ポリ容器(20リットル)にガソリンを入れることは非常に危険ですので行わないでください。

 

3 ガソリンの給油について
  • ガソリンの漏れやあふれが起きると容易に火災となる危険性があることから、漏れやあふれのないように細心の注意を払い、容器の取扱説明書等に従って適正に取り扱ってください。
  • エンジン稼働中の発電機等への給油は絶対行わないでください。

 

4 ガソリン携行缶の使用手順
  • まわりに火気がないことを確認し、携行缶を水平な場所に置く。
  • エア調整ネジを緩め、圧縮された空気を抜く。

   この操作を行わずにキャップを開けると、圧縮された空気とともにガソリンが噴き出すおそれがあります。

  • キャップを外す。
  • 給油口(キャップを外した部分)にノズルを取り付ける。
  • エア調整ネジを締めて、給油する。
  • 給油口からノズルを外す。
  • キャップを確実に締め付ける。

 

5 ガソリンスタンド利用時の注意事項

   セルフスタンドでは利用客が自らガソリンを携行缶に入れることはできません。

 

6 関連情報
  • ガソリン等危険物の事故防止について(総務省消防庁)

   http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/gasoline/keihatu.html