平成19年の消防法の改正により、ある一定規模以上の建物に防災管理者をおくことが義務付けられました。ここでは、従来からある防火管理者と防災管理者の違いを説明します。お間違えのないようご注意ください。

防火管理者と防災管理者の違い

 「防火管理」とは、主として火災に関する事項について消防法に規定されているもので、火災の発生を予防し、かつ、万が一発生してしまった場合でもその被害を最小限にするために対策をとることです。そして、「防火管理者」とは、「防火管理」に関する推進責任者の方のことを言います。義務対象物であれば、テナント(管理権原者)ごとに選任しなくてはなりません。

 一方、「防災管理」は、火災以外の災害(地震など)に関する事項について「防火管理」同様に対策をとることであり、「防災管理者」はその推進責任者です。「防火管理者」と同様、義務対象物であれば、テナント(管理権原者)ごとに選任しなくてはなりません。

 「防火管理者」、「防災管理者」ともに、それぞれ一定規模以上の建物について必要となります。「防火管理者」は比較的小規模の建物から必要となることが多いですが、「防災管理者」の方は大規模の建物について必要となります。これは、「防災管理者」という制度が、近年その切迫性が指摘されている大地震に備えるためのものであり、大地震が発生した際に、円滑な避難誘導が求められるような多数の者が利用する建物について設置を義務付けたものであるからです。

 互いに間違いやすい制度ですので、届出の際には様式などお間違えのないようご注意ください。

防火管理者を選任しなければならない防火対象物 

 自力で避難することが困難な者が入所する社会福祉施設がある建物で、収容人員が10人以上のもの
店舗、病院、飲食店などの特定防火対象物で収容人員が30人以上のもの
学校、共同住宅、事務所などの非特定防火対象物で収容人員が50人以上のもの
新築工事中の建築物で、収容人員が50人以上で総務省令で定めるのもの
建造中の旅客船で収容人員が50人以上で総務省令で定めるもの

防災管理者を選任しなければならない防火対象物

  1. 消防法施行令別表第一(1)から(4)項、(5)項イ、(6)から(12)項、13項イ、(15)項、(17)項に掲げる防火対象物(劇場、遊技場、飲食店、物販店、ホテル、社会福祉施設、学校、図書館、工場、事務所など)で次のいずれかに該当するもの(※共同住宅や倉庫は除かれています。)

    1. 地階を除く階数が11以上の防火対象物で、延べ面積が10,000平方メートル以上のもの
    2. 地階を除く階数が5以上10以下の防火対象物で、延べ面積が20,000平方メートル以上のもの
    3. 地階を除く階数が4以下の防火対象物で、延べ面積が50,000平方メートル以上のもの
  1. 消防法施行令別表第一(16)項に掲げる防火対象物(複合用途)で次のいずれかに該当するもの(前1.に示す用途が存する防火対象物に限る)
    1. 地階を除く階数が11以上の防火対象物で、次に掲げるもの
      1. 前1.に示す用途が11階以上の階に存する防火対象物で、その部分の床面積の合計が10,000平方メートル以上のもの
      2. 前1.に示す用途が11階以上の階に存せず、かつ、前1.に示す用途が5階以上10階以下に存する防火対象物でその部分の床面積の合計が20,000平方メートル以上のもの
      3. 前1.に示す用途が5階以上の階に存しない防火対象物で、その部分の床面積の合計が50,000平方メートル以上のもの
    2. 地階を除く階数が5以上10以下の防火対象物で、次に掲げるもの
      1. 前1.に示す用途が5階以上の階に存する防火対象物で、その部分の床面積の合計が20,000平方メートル以上のもの
      2. 前1.に示す用途が5階以上の階に存しない防火対象物で、その部分の床面積の合計が50,000平方メートル以上のもの
    3. 地階を除く階数が4以下の防火対象物で、前1.に示す用途部分の床面積の合計が50,000平方メートル以上のもの
  2. 消防法施行令別表第一(16の2)項に掲げる防火対象物(地下街)で、延べ面積が1,000平方メートル以上のもの  

 

再講習

防火管理再講習

建物全体の収容人員が300人以上の特定防火対象物の防火管理者には、5年ごとに防火管理再講習を受講する義務があります。

防災管理再講習

すべての防災管理対象物の防災管理者には、5年ごとに防災管理再講習を受講する義務があります。

講習会

桑名市消防本部では、甲種防火管理新規講習を年3回、乙種防火管理講習を年1回、甲種防火管理再講習を年1回開催しています。

また、防災管理新規講習を年1回、防災管理再講習を年1回開催しています。 

様式のダウンロード