少量危険物を貯蔵、取り扱う施設とは?

 指定数量の1/5以上(個人の住居は1/2以上)で指定数量未満の危険物を「少量危険物」といいます。「少量危険物」を取り扱う施設は、桑名市火災予防条例の規定により少量危険物貯蔵取扱所として規制され、消防長への届け出や事故防止に必要な措置を講じることなどが義務付けられています。なお、指定数量以上の貯蔵、取り扱いにあたっては、消防法の規定により市長の許可が必要となります。

チラシ「少量危険物の開始届をお願いします」 [1720KB pdfファイル]  

主な第4類危険物の指定数量
品名 指定数量 主な物品
特殊引火物 50リットル エーテル、二硫化炭素
第1石油類(非水溶性液体) 200リットル ガソリン
アルコール類 400リットル メチルアルコール、エチルアルコール
第2石油類(非水溶性液体) 1,000リットル 灯油、軽油
第3石油類(非水溶性液体) 2,000リットル 重油
第4石油類 6,000リットル ギヤー油、シリンダー油
動植物油類 10,000リットル ごま油、大豆油、オリーブ油

 指定数量未満の危険物等の貯蔵及び取扱いの届出

桑名市火災予防条例第46条第1項

 指定数量の5分の1以上(個人の住居で貯蔵し、又は取り扱う場合にあっては、指定数量の2分の1以上)指定数量未満の危険物及び別表第8で定める数量の5倍以上(再生資源燃料、可燃性固体類等及び合成樹脂類にあっては、同表で定める数量以上)の指定可燃物を貯蔵し、又は取り扱おうとする者は、あらかじめ、その旨を消防長に届け出なければならない。

様式リンク:指定数量未満の危険物等の貯蔵又は取扱開始(変更)届出書

関連リンク

危険物の取り扱いにご注意を

燃料タンクを使用する農業・漁業事業主のみなさまへ

 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>