予防救急とは?

 予防救急とは、救急搬送につながる転倒による怪我や熱中症に関して、予防する方策を市民に普及啓発するものです。

 桑名市消防本部管内での救急件数は年々増加しております。これまで、市民の方々に応急手当の普及啓発が行われ、効果についても認められてきましたが、今般、さらに傷病に至る前の取組が重要と考えられています。

 とりわけ転倒による怪我や熱中症など、傷病の種類によっては意識的な取組により予防が可能と考えられています。

 桑名市消防本部でも、救急車の適正利用を広く市民の方々にお願いしておりますが、予防救急もあわせて取り組んでいきます。

 

・食べ物による事故を防ぐには      20201225-121130 [312KB pdfファイル] 

・家庭内転倒・転落による事故を防ぐには20201225-121246 [298KB pdfファイル]

・熱中症を防ぐには          20201225-121443 [323KB pdfファイル]  

・やけど(熱傷)を防ぐには      20201225-121517 [301KB pdfファイル]  

・浴室での事故を防ぐには       20201225-121558 [300KB pdfファイル]  

・小児の家庭内事故を防ぐには    20201225-121645 [235KB pdfファイル]  

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>