救急車の適正利用をお願いします 

  全国的に救急件数は増加しており、桑名市消防本部管内で平成29年(2017年)の救急出動件数は8,942件あり、10年前から比べると、約2,000件増加しています。

 119番の救急要請を受けると、要請現場から一番近い救急車が出場しますが、その近くにあるはずの救急車が出場している場合は、遠方にある別の救急車が出場することになり、救急車の到着に時間を要してしまいます。

 このように、救急車の出場要請が増えることにより119番を受けてから救急車が現場に到着する時間が遅れ、救える命が救えなくなる場合があります。

  救急車は限りある資源です。1人でも多くの命を救う為に救急車の適正利用をお願い致します。

 

このような場合は迷わず救急車を!!

・倒れて意識がない。

・急にうまく話せなくなった。
・胸が締め付けられるように痛む。

・突然の激しい頭痛。

 

救急車の誤った利用例

・今日は入院日だから。

・早く診察してもらえるから。

・タクシーだとお金がかかるから。

・病院を探すのが面倒だから。

 

救急車適性利用ショートムービーコンテスト2017の結果(総務省消防庁ホームページ)

https://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList9_5.html

 

 救急車利用マニュアル(総務省消防庁ホームページ)

 http://www.fdma.go.jp/html/life/kyuukyuusya_manual/index.html 

 ※「救急車の上手な使い方」の3ページに記載があります#7119救急相談センター、救急安心センターは桑名市では行われておりませんので ご了承ください。