弾道ミサイル発射直後の情報伝達について

  弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。

  ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合は、全国瞬時警報システム(Jアラート)を活用して、防

 災ホットメール(登録制メール)にメッセージを流すほか、エリアメール、緊急速報メールなどにより緊急

 情報をお知らせします。

 

   さらに詳しい情報については、次のページをご参照ください。

  ・北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報

   システム(Jアラート)による情報伝達について(内閣官房国民保護ポータルサイト)

  ・北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報

   システム(Jアラート)による情報伝達に関するQ&A(内閣官房国民保護ポータルサイト)

 

メッセージが流れた直後に取るべき行動について

 【屋外にいる場合】

   近くのできるだけ頑丈な建物や地下に避難してください。

   近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

 【屋内にいる場合】

   できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

 

   さらに詳しい情報については、次のページをご参照ください。

  ・弾道ミサイル落下時の行動について(その1)(内閣官房国民保護ポータルサイト)

  ・弾道ミサイル落下時の行動について(その2)(内閣官房国民保護ポータルサイト)

  ・弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A(内閣官房国民保護ポータルサイト)

 

国民保護に係る警報のサイレン音について

  国民保護に係る警報のサイレン音は、次のページから確認できます。

  ・サイレン音の再生(内閣官房国民保護ポータルサイト)

 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

 PDF

Adobe Readerをダウンロード>>