平成30年7月22日(日曜日)に三重県消防学校で開催された三重県消防操法大会において、桑名市消防団桑名方面団第5分団がポンプ車操法の部で優勝し、第26回全国消防操法大会に三重県代表として出場することが決定しました。全国大会へは20年ぶり2回目の出場となります。

結果

ポンプ車操法の部     優勝 桑名市消防団  準優勝 四日市市消防団     3位 鈴鹿市消防団

小型ポンプ操法の部    優勝 亀山市消防団  準優勝 名張市消防団   3位 津市消防団 久居方面団 

      【訓練報告】                     【記念撮影】

                              

第26回全国消防操法大会

日時

・平成30年10月19日(金曜日)  午前9時から午後4時30分

場所

・富山県富山市惣在寺1090−1  富山県広域消防防災センター

競技種目

・ポンプ車操法及び小型ポンプ操法

出場団(都道府県)

【ポンプ車操法の部】
沖縄県、山形県、鳥取県、神奈川県、宮崎県、茨城県、長野県、徳島県、埼玉県、長崎県、北海道、秋田県、香川県、福岡県、富山県、福井県、熊本県、和歌山県、栃木県、静岡県、高知県、大阪府、三重県(出場順)

【小型ポンプ操法の部】
山梨県、奈良県、京都府、佐賀県、岐阜県、島根県、石川県、千葉県、青森県、宮城県、山口県、愛媛県、広島県、群馬県、
兵庫県、鹿児島県、愛知県、岡山県、福島県、新潟県、大分県、滋賀県、東京都、富山県、岩手県(出場順)

内容

・ポンプからホースを延長し、標的に向かって放水するもので、安全性、正確性、迅速性を競います