小規模な飲食店等に消火器の設置が義務化されます!

 

 平成28年12月22日に新潟県糸魚川市で発生した、大規模火災を受け、

今まで消防法令で設置義務のなかった小規模飲食店に対し、2019年10月1日から

消火器具の設置が義務付けられます。

 

           

対象となる飲食店

  消火器具を設置しなければならない防火対象物として、消防法施行令別表第一(3)項に掲げる防火対象物で、

 延べ面積が150平方メートル未満のもの及び(16)項に掲げる防火対象物内に存する(3)項部分の合計面積が

 150平方メートル未満のもののうち、火を使用する設備又は器具(防火上有効な措置として総務省令で定める

 措置が講じられたものを除く。)を設けたもの

防火上有効な措置とは?

 【調理油過熱防止装置 】

   鍋等の温度の過度な上昇を感知して自動的にガスの供給を停止し、火を消す装置「Siセンサー」

   ※全ての火口に必要

 【自動消火装置】

   火を使用する設備又は器具の火災を自動的に感知し、消火薬剤を放出して火を消す装置

   「フード等用簡易自動消火装置等」

 【その他の危険な状態の発生を防止するとともに、発生時における被害を軽減する安全性能を有する装置】

   過熱等によるカセットボンベ内の圧力の上昇を感知し、自動的にカセットボンベからカセットコンロ本体への

   ガスの供給を停止することにより、火を消す装置「圧力感知安全装置等」

 

消防法施行令改正の施行日

   2019年10月1日から

改正内容

 改正の交付及び運用については、下記総務省消防庁通知をご参照ください。

   消防法施行令の一部を改正する政令等の公布について(通知).pdf [243KB pdfファイル] 

   消防法施行令の一部を改正する政令等の運用について(通知) [122KB pdfファイル] 

 

消火器の点検及び結果報告

   今回の消防法改正により、新たに設置した消火器は、消防法第17条の3の3に基づき6か月ごとに点検し、

 1年に1回消防署に報告することが義務となります。

参考

 自ら行う消火器の点検方法(総務省消防庁)

 消火器点検アプリ(総務省消防庁

 設備点検報告様式(原紙) [119KB docファイル] 

 設備点検報告様式(記入例) [128KB docファイル] 

 

飲食店における消火器設置義務リーフレット

   飲食店における消火器設置義務リーフレット [552KB pdfファイル]  

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>