容器入りガソリンの購入・販売時における本人確認等の協力のお願い

 令和元年7月に発生した京都府京都市伏見区の爆発火災を受け、同様の事案の事案の発生を抑止するため、令和2年2月1日から、ガソリンスタンドにおいて、ガソリンの容器詰替え販売時には、購入者に対する本人確認等が義務付けられています。このことを踏まえ、容器入りガソリン等を販売する場合でも、ガソリンの適正な使用の確保及び火災予防の徹底のため、次の事項についてご理解とご協力をおねがいします。 

容器※1入りガソリン等※2を合計10リットル以上を目安として購入・販売※3する場合
 ▲ 購入者に対する本人確認(運転免許証の提示など)
 ▲ 購入するガソリンの使用目的の確認
 ▲ 販売事業者は販売記録の作成
  • ※1 容器の最大容積が500ml以下のものを除きます。
  • ※2 一般的にホワイトガソリンや混合燃料油等が該当します。
  • ※3 インターネット等を利用する通信販売において購入する場合も該当します。

   

関連する通知等
 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>