新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行に備え、令和2年度に限り、高齢者インフルエンザ予防接種の自己負担を無料にさせていただくことになりました。

 令和2年11月1日以降に接種される方は、医療機関での窓口自己負担が無料となります。

    令和2年10月中に自己負担1,600円を支払い接種された方には、11月下旬以降に、市より返金手続きの案内をお送りします。

   (県内指定医療機関での接種に限らせていただきます)

 急な変更となりましたことをお詫び申し上げます。

*************************************************************

 インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こります。
症状は突然の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、のどの痛み、せき、鼻水などです。
普通の風邪に比べて全身症状が強く、また、気管支炎や肺炎などを合併し重症化することが多いのも特徴です。特に高齢の方や慢性疾患のある方は、注意が必要です。

 

予防接種の効果と接種回数

接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに約2週間かかります。
その効果が十分に持続する期間は、約5ヶ月とされています。
流行が予想される時期とワクチンの有効期間が一致するためには、12月中旬までの接種が適しています。
成人の方は1シーズン1回の接種で効果があります。

 

対象者

桑名市内在住の方(市内に住民登録がある方)で、次の1または2に該当する方

  1. 65歳以上の方
  2. 60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方。

※ 主に個人予防目的のために行う予防接種のため、自らの意思で接種を希望する場合にのみ接種の対象となります。 

接種期間

令和2年10月1日(木曜日)から令和3年1月31日(日曜日)まで

※この期間を通じて1回接種が受けられます。

接種場所

令和2年度高齢者インフルエンザ予防接種 市内実施医療機関一覧 [142KB pdfファイル] 

 ※接種には予約が必要な場合がありますので、事前に必ず電話で確認してください

    ※三重県内で、桑名市以外の医療機関で接種される場合は、事前に市役所2階 保健医療課まで連絡ください。

接種費用

   令和2年度 上記接種期間は無料     (令和2年度に限ります)

○接種日が 令和2年10月1日(木曜日)から10月31日(土曜日)の方  

⇒ 医療機関窓口にて、自己負担額1,600円をお支払いいただきます(生活保護世帯は無料)。

     自己負担額1,600を支払い接種された方には、11月下旬以降に、市より返金手続き案内をお送りします。

 

○接種日が 令和2年11月1日(日曜日)から令和3年1月31日(日曜日)の方

⇒  医療機関窓口で無料     ※県内指定医療機関で接種された場合に限ります。

持ち物

健康保険証・健康手帳(お持ちの方)
※健康手帳をお持ちでない方は「予防接種済証」を直接お渡しします。

その他

  • 予防接種を市外で受ける場合は、三重県で登録された医師(医療機関)の確認が必要です。また、確認後、桑名市の高齢者インフルエンザ予診票などを該当医療機関へ送付します。事前に桑名市役所2階 保健医療課までご連絡ください。
  • 予防接種を県外で受ける場合は、全額自己負担になります。また、健康被害補償のための申請書が必要となりますので、下記の様式にご記入いただき、桑名市役所2階 保健医療課まで提出してください。

申請書はこちらからダウンロードしてください。予防接種実施申請書 [100KB pdfファイル] 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>