障害者差別解消法(障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)とは

 障害のある人もない人も、互いに、その人らしさを認め合いながら、共に生きる社会をつくることを目指すことを目的とし、平成28年4月1日に施行されました。

 この法律では「不当な差別的取扱い」を禁止し、「合理的配慮の提供」を求めています。

「不当な差別的取扱いの禁止」とは

 国・都道府県・市町村などの役所や会社やお店などの事業者が、障害のある人に対して、正当な理由なく障害を理由として、サービスの提供を拒否することやサービスの提供にあたって場所や時間帯を制限すること、障害のない人にはつけない条件をつけることなどが禁止されます。

「合理的配慮の提供」とは

 国・都道府県・市町村などの役所や会社やお店などの事業者に対して、障害のある人から社会の中にあるバリアを取り除くために何らかの対応を必要としているとの意思が伝えられたときに、負担が重すぎない範囲で対応すること(事業者に対しては、対応に努めること)を求めています。

 

障害者差別解消法と合理的配慮の事例については、内閣府のホームページをご覧ください。

 障害を理由とする差別の解消の推進(外部リンク)

 

障害を理由とする差別の解消の推進に関する桑名市職員対応要領について

  障害者差別解消法では、地方公共団体に対して、障害を理由とする差別を解消するための措置として、「差別的取扱いの禁止」及び「合理的配慮の提供」を法的義務としています。

 そこで本市では、市職員が事務事業を実施していくに当たり、適切に対応するために必要な事項を定めた職員対応要領を策定しています。

 この職員対応要領に基づいて、本市職員が、障害を理由とする差別の禁止に適切に対応していきます。

障害者差別解消法桑名市職員対応要領(H28.4.1~) [348KB pdfファイル]

 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>