未熟児の赤ちゃんへの支援

養育医療

桑名市内に居住地を有する、入院を必要とする1歳未満の乳児であって、身体の発育が未熟なまま出生し、正常児が出生時に有する諸機能を得るに至っていない未熟児で、指定養育医療機関の医師が入院養育を必要と認めた場合、その医療(保険診療分)を給付する制度です。

給付の基準

次のいずれかに該当する場合、給付の対象となります。

  •   出生時体重が2,000グラム以下の場合
  •   身体の発育が未熟であるために現れる症状があり、生活力が特に希薄であること
申請手続き

次の書類をそろえて、市役所地域保健課へご提出ください。

  •   養育医療給付(新規・継続)申請書  (申請者が記入)
  •   養育医療意見書(新規・継続)      (主治医記入)
  •   世帯調書                      (申請者が記入)
  •   世帯全員の住民票(世帯調書に同意いただければ不要です)
  •   世帯の所得税額を証明する書類(源泉徴収票、所得税納税証明書、確定申告の控等) 
  •   健康保険証
  •   印鑑
  •   受領委任及び承諾書

※マイナンバーが必要となりますので、通知カードなどマイナンバーがわかるものと

 運転免許証など本人確認ができるものをご持参ください。

 

※詳細は、地域保健課へお問い合わせください。

一部自己負担金

児童の属する世帯の所得税の額に応じて、一部負担金を徴収します。

未熟児訪問

未熟な状態で出生した児(出生体重2,500グラム未満等)に対して、発育、栄養、生活、疾病予防など育児上の重要な事項に対して、相談・指導を行います。