計画について

近年、核家族化の進展や就労状況の変化等に伴って、子育て家庭を取り巻く環境は日々変化してきています。

桑名市では子ども・子育て支援新制度を活用し、このたび「桑名市子ども・子育て支援事業計画」を策定いたしました。この計画をもとに、子どもたちの育ちや子育てを担う保護者の支援に取り組んでいき、子育てしやすい環境づくりをさらに進めてまいります。

 

 

  法的な位置づけ

この計画は子ども・子育て支援法第61条第1項に基づく市町村子ども・子育て支援事業計画という位置づけを有し、同時に、次世代育成支援対策推進法第8条第1項に基づく市町村行動計画という位置づけも合わせて有しております。

  計画の期間

平成27年度から平成31年度までの5年間

 計画の基本理念
つながろう みんなのちから! 発揮しよう くわなの子育て力! ~すべては子どもの笑顔のために~

桑名市では、市民をはじめ、地域、事業者、関係団体、行政などのさまざまな力が結集した「全員参加の子ども・子育て支援」をめざしていきます。

 

 桑名市子ども・子育て支援事業計画【本冊】

全体版
分割版

 桑名市子ども・子育て支援事業計画【概要版】

 

【参考】計画の策定にあたって

  ニーズ調査、ヒアリング調査、ワークショップなどの実施
ニーズ調査

小学校6年生以下の子どもをもつ保護者を対象にアンケート形式の調査を実施しました。

【調査報告書】

ヒアリング調査、ワークショップなど

ニーズ調査とならない方々や定型的な調査で把握が難しい個別のニーズがあること等を配慮し、マタニティセミナーの参加者、子育て中の外国人、一人親家庭の保護者、発達に支援の必要な子どもの保護者などを対象にヒアリング調査を実施しました。

また、広く市民を対象としたワークショップや父親を対象とした座談会を開催して、幅広くご意見をいただきました。

 

  桑名市子ども・子育て会議の開催

本計画の策定にあたっては、子育て中の当事者をはじめ、様々な関係者から構成される「桑名市子ども・子育て会議」において、グループワークの手法も導入しながら、丁寧に審議を行ってきました。

また、「桑名市子ども・子育て会議」に「子どもが主人公分科会」「育てる側を育てる・支援する分科会」「地域の子育て力を育てる分科会」の3つの分科会が設置され、各分科会で報告・提言がまとめられ、計画策定につなげていきました。

桑名市子ども・子育て会議について(リンク)

 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

 PDF

Adobe Readerをダウンロード>>