冬の冷え込みが厳しいとき(目安として外気温がマイナス4.0℃以下のとき)は、水道管が凍結したり破裂したりすることがあります。
下記のことに注意し、凍結などの対策をお願いします。
凍結により、宅内の水道管や蛇口などが破損した場合、修理にかかる費用は全て所有する人の負担となります。

凍結しやすい水道管

(1)露出している管
(2)家の陰になり、陽の当たらない場所にある管
(3)風当たりの強い場所にある管

一般家庭でできる防寒の仕方

(1) 露出している管は、保温材や毛布、布きれで管を保護し、蛇口についても完全に包んでヒモやビニールテープなどで巻いてください。

水道管の凍結防止について

(2) 給湯器の電源コンセントは差し込んでください。(凍結防止ヒーターが作動する状況にしてください。)
(3) ガラリ(床下通気口)を閉じてください。
(4) 水洗トイレの暖房便座の電源を入れておいてください。
(5) 万一の凍結を考えて、トイレ等に使用するために、お風呂の残り湯を取り置いてください。

水道管が凍ってしまった場合

(1) 水道管や蛇口が凍ったときは、自然に溶けるのを待つか、凍ってしまった部分にタオルなどを被せてゆっくりとぬるま湯をかけてください。
※熱いお湯をかけると管や蛇口が破裂することがありますので行わないでください。

水道管の凍結防止について

(2)凍結により蛇口を開けても水が出ないときは、開けた状態にせずにきちんと閉めてください。

水道管が破裂した場合

(1) 水道管が破損したときは、メーターボックス内のバルブを閉めて水を止めてください。
桑名市が管理する水道メーターが設置されているメーターボックス内のバルブを閉めても止まらない、バルブがなくて止められないときは、お客さま総合センター(0594‐24‐1260)に連絡してください。
(2) 水道メーターから蛇口までの漏水については、桑名市指定給水装置工事事業者に修繕の申し込みをしてください。