下水道のしくみ

雨水 桑名市では、下水の排除方式として「分流式」を採用しています。分流式とは、降ってくる雨の「雨水」と生活排水などの「汚水」を別々に集めて流す形式のことで、雨水は側溝や都市下水路などを通って川や海に流れていきます。また、市内の各所のポンプ場により、その雨水をくみ上げて排除することで街を浸水から守っています。
家庭の汚水 汚水は、各家庭の排水設備から公共汚水ますを通って下水道管へ流れ込みます。下水道管は汚水が自然に流れるように勾配をつけて地中に埋められていて、汚水はここを通って終末処理場(川越町内の北勢沿岸流域下水道・北部浄化センター)まで運ばれています。
事業所の汚水 工場などから出る汚水も、家庭の汚水と同様に排水設備から公共汚水ますを通って下水道管へ流れ込みます。しかし、強酸や強アルカリの汚水、油や重金属などを含んだ汚水がそのまま下水道管へ流れ込むと、下水道施設やその処理能力に悪影響を及ぼすことになります。そこで、このような汚水を排出する事業場では「除害施設」を設け、あらかじめ下水道の排水許容基準まで汚水を処理して下水道管へ流さなくてはなりません。
終末処理場 下水道の最下流にあって、汚水をきれいにして川や海に戻しています。桑名市を含む北勢地方3市5町の汚水は、北勢沿岸流域下水道の下水道管を通って川越町にある北部浄化センターへ運ばれ、また、長島町地区の汚水は、長島浄化センター「クリーンピア」へ運ばれ、浄化処理のうえ伊勢湾へ放流されています。各センターでは、微生物に汚濁物質を食べさせることで汚れを除去していく「生物処理」方式を採用しています。
スクリーンポンプ室 汚水に混じっている大きなゴミを取り除き、ポンプで地下から地上へ汚水をくみ上げます。
最初沈殿池 汚水をゆっくりと流し、スクリーンポンプ室を通過してきた小さな物質を沈殿させて取り除きます。
エアレーションタンク
(生物反応槽)
汚水に活性汚泥(微生物を含んだ泥)を加え、空気を送り込んでよくかき混ぜることで、微生物の活動を活発にして汚れた水をきれいにしていきます。北部浄化センターでは伊勢湾の富栄養化を防ぐため、汚れのほかに窒素やリンを取り除く処理も行っています。
最終沈殿池 エアレーションタンクで汚れを吸収してかたまりとなった活性汚泥を沈殿させ、上澄み水と汚泥とに分離します。沈んだ汚泥の一部は再び活性汚泥としてエアレーションタンクで使用され、残りは汚泥処理施設へ送られます。
消毒タンク 上澄み水はろ過処理の後、塩素によって殺菌されて伊勢湾へ放流されます。
汚泥処理施設 汚泥は濃縮・脱水処理の後、産業廃棄物として処分されますが、廃棄物の減量化を図るため、一部はセメント材料として利用されます。