地球は大丈夫?

日本は経済的に豊かになり、私たちはものをたくさん持つようになりました。その反面、いらなくなったらすぐごみにしてしまう。大量生産・大量消費・大量廃棄社会となってしまいました。しかし、ごみはいろいろな社会、ひいては地球環境問題を引き起こしています。「ごみが増えるとどうなるの?」ごみ問題の実態をお伝えします。

ごみを埋め立てる場所がなくなるよ!

ごみが増えるとどうなるの?燃えるごみは焼却して灰にし、燃えないごみは粉砕して細かくし、最終処分場に運ばれ、埋められます。最終処分場は、山林を切り開いたり、海を埋立てて造られていますが、昨今のごみの増加で最終処分場が不足しています。もしも、このままごみが増え続けたら、豊かな自然が消え、ごみが埋め立てられた場所ばかりの風景になってしまうかも?そうならないためにも、自分のこととしてごみ減量に取り組むのです。

 

 

 

 

 

 

 

資源のむだづかいになってしまう

ごみが増えるとどうなるの?資源を採取して製品にし、使っては捨てて、土に埋めて、「はい終わり!」という「ものの流れ」は資源のむだづかいです。新聞紙もアルミ缶もペットボトルも地球の資源(恵み)であり生産し続けるには限りがあります。製品化したものを再度また製品にするなどして、何回も使う「ものの流れ」にしていくことが大切です。これが『循環型社会』『リサイクル社会』、です。

 

 

 

 

 

 

 

環境を汚染するかも!?

ごみを燃やしたり埋めたりすると、ごみが増えるとどうなるの?人体に悪影響を及ぼす物を発生する可能性があります。最近話題になったダイオキシンや環境ホルモンがその一例。大気や土壌、水などをとおして、目に見えない形で、私たちが食する作物や肉、魚から人体に取り入れられることも考えられます。(もちろん、最新技術でそれらの物質が発生しないようにはされていますけど)