ニホンイシガメ(カメ目バタグールガメ科)

 桑名の生きもの[平成22年11月]

 山麓の池や田んぼ、河川の上流から中流域で見られます。泳ぎがうまく、流れの速い場所でも生息し、魚やザリガニ、水生昆虫、水草など何でも食べる雑食性です。甲羅は平べったく、しっぽの周辺がギザギザしているのが目印です。
 河川が改修されたり、水路がコンクリートで固められ、移動ができなくなり数が減りました。また、ペットとして飼われていたミシシッピアカミミガメ(通称ミドリガメ)が捨てられ、繁殖して増えたことも減少した要因の一つです。

【桑名市自然環境保護推進員 内山 潔】