公的個人認証サービス(電子証明書)によって、所得税の申告をはじめとする行政機関への手続きの一部が、自宅等のパソコンからインターネットを利用 して手続きが可能になりました。また、【他人によるなりすまし】や【手続き内容の改ざん】を防ぐことができます。                       
電子証明書は、住民基本台帳カードに格納されます。有効期限は3年ですが、住所や氏名等の変更があった場合は、自動的に失効します。引き続き電子証明書が必要な場合は、改めて申請が必要となります。詳しくは、【公的個人認証サービス ポータルサイト】をご覧ください。

電子申請について

電 子申請や届出(手続き)をするためには、【公的個人認証サービス利用者クライアント】をご自宅のパソコンにインストールする必要があります。また、住民基本台帳カードに格納された電子証明書を読み取るための「ICカードリーダライ タ」が別途必要になります。お使いのパソコンや住基カードによって、適合するICカードリーダライタが異なります。「適合機種一覧」にてご確認の上、ご購入ください。

※これらの手続きとは別に、申請先の行政機関(税務署等)でも手続きが必要です。
※国税電子申告・納税システムを利用される方はe-Taxをご覧ください。

申請・受領について

時間月曜日から金曜日(閉庁日を除く)  午前8時30分から午後4時30分
場所桑名市役所(市民課)
      多度町総合支所(住民福祉課)
      長島町総合支所(住民福祉課)

※各地区市民センター及びサンファーレサテライトオフィスではお取り扱いしておりません。
※住民基本台帳カードをお持ちでないと手続きができません。
(お持ちでない方は住民基本台帳カードの手続きが事前に必要となります。)
※原則、申請者本人が窓口にお越しいただくようお願いします。                 

申請・受領の時に必要なもの

◇住民基本台帳カード
※住民基本台帳カードに顔写真がない場合は、官公署発行の顔写真付きの身分証明書(運転免許証等)が別途必要になります。また、身分証明書の記載内容と住民票の内容が異なる場合は、受付することができません。
◇手数料500円 (住民基本台帳カードの発行手数料は別途500円かかります。)
申請書 [180KB pdfファイル] 

電子証明書交付までの流れ

本人申請で、官公署発行顔写真付き身分証明書をお持ちの方の場合
市民課窓口へ行く

電子証明書新規発行/更新申請書に記入し、
官公署発行の顔写真付き身分証明書(運転免許証等)、
住民基本台帳カードをお持ちになって
窓口に提出する
※顔写真の付いている住民基本台帳カードをお持ちの方は身分証明書不要

4桁から16桁(英数字)の暗証番号を設定する

電子証明書の発行
本人申請で、官公署発行顔写真付き身分証明書をお持ちでない方の場合
市民課窓口へ行く

電子証明書新規発行/更新申請書に記入し窓口に提出する

後日、ご自宅に照会文書を送付させていただきます。
1ヶ月以内に照会文書と本人確認ができる書類をお持ちください。
※申請した窓口での受け取りとなります。

4桁から16桁(英数字)の暗証番号を設定する

電子証明書の発行

注 意

※電子証明書発行の際に、暗証番号(4桁から16桁)を入力していただきますので、事前にご検討ください。
※ご不明な点は、お問い合わせください。