各種届出、各種証明請求時に本人確認を実施しています

近年、本人になりすました第三者からの虚偽の届出や諸証明書請求が発生しております。市では、このようなことを未然に防ぐために手続きの際に本人確認を実施していますので、ご理解・ご協力をお願いします。
(平成20年5月の法改正により本人確認が義務化され、罰則が強化されています。)

本人確認の対象となる届出・証明請求

届出

戸籍 ・・・婚姻届・離婚届・養子縁組届・養子離縁届・転籍届など
住民登録 ・・・転入届・転居届・転出届・世帯合併届・世帯分離届など
印鑑・・・印鑑登録申請書など

証明

戸籍・・・戸籍謄本・戸籍抄本・身分証明書・戸籍の附票の写し・届書の写し・受理証明書・ 除籍及び改製原戸籍など
住民票・・・住民票の写し・除票の写し・住民票記載事項証明など
印鑑・・・印鑑登録証明書

本人確認書類

○1点で本人確認ができるもの
運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・障害者手帳など官公署発行の本人確認書類で顔写真つきのもの
○2点以上いるもの
健康保険証・年金手帳など官公署発行で顔写真無しのもの
(手続きの内容等により条件が異なりますのでご注意ください。)

※住民異動届出の受理後、対象者本人に対して、【異動受理通知書】を送付していますが、次に該当する場合は、異動受理通知書の送付は行いません。

(1)官公署発行の顔写真付きの運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・障害者手帳など、 いずれか1点の提示があった場合。

※戸籍届出(本人確認対象の届出のみ)の受理後、届出人(対象者本人)に対して、【届出受理通知書】を送付していますが、次に該当する場合は、届出受理通知書の送付は行いません。

(1)官公署発行の顔写真付きの運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・障害者手帳など、 いずれか1点の提示があった場合。  

※詳しくは、法務省のサイトもご覧ください。