郵便による証明書の交付

都合により市役所に行くことができない方のために、郵便による戸籍や住民票の写しを請求できる制度です。

請求できる方

  • 戸籍に関する証明書を申請できるのは、記載されている本人または直系の親族の方
    (例:両親、祖父母、子供等  ※兄弟姉妹は直系の親族ではありません)
    直系親族の戸籍を請求する際は、関係を証明できる書類(コピー可)を同封してください。
  • 住民票の写し等を申請できるのは、記載されている本人または同一世帯の方
  • 身分証明書については本人のみ
    (身分証明書に限り本人以外の方が請求される場合は、委任状及び当事者本人の本人確認ができるものが必要です。) 

※上記以外の方が請求する場合は、委任状が必要です。(ただし、本人・配偶者・直系親族以外の兄弟姉妹等でも、自己の権利、義務を履行するためなどの場合は、第三者請求により取得可能な場合もありますので、詳しくはご相談ください。)
 

請求できる証明書の種類

○戸籍…日本国民の身分関係を登録・公証する公正証書
 全部事項証明書(戸籍謄本)…戸籍に記載された者の全員についての証明
 個人事項証明書(戸籍抄本)…戸籍に記載された者のうち、一部の者についての証明
○改製原戸籍…戸籍様式の改製により、書き換えた従前(平成10年11月21日以前)の戸籍
○除籍(「除かれた戸籍」の略称)戸籍内の全員が除かれた戸籍
○戸籍の附票…戸籍を単位としてつくられた住所異動の経歴を証するもの
○身分証明…個人が法律上の行為能力を具備しているかどうかを公証した証明書
○住民票の写し(世帯全員・世帯の一部)

請求書の書き方

戸籍謄・抄本などの交付申請書(郵便用)の請求用紙を印刷してお使いいただくか、便箋・レポート用紙などに「戸籍謄・抄本などの交付申請書」を作成し、郵送してください。

※作成するときに記入することは
 

◇請求者の住所・氏名(フリガナ)・認印の押印(スタンプ印不可)・日中連絡のとれる電話番号
 (自宅・携帯電話・勤務先)
◇「戸籍の筆頭者または戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)のとき」必要な人と請求者との続柄
◇請求する戸籍の本籍
 (住民票の場合は、住民票の住所)
◇請求する戸籍の筆頭者の氏名、フリガナ、生年月日
 (住民票の場合は、世帯主氏名、フリガナ、生年月日)
◇請求する証明書が、戸籍個人事項証明(戸籍抄本)のとき、必要な人の氏名、フリガナ
 (住民票の場合も同じ)
◇請求する戸籍の種類(戸籍謄本・抄本等)、各通数
 住民票の写しの種類(世帯全員・世帯の一部)、各通数
◇請求理由・・・・・・・・・(例、相続、年金、旅券申請等)
◇必要事項を具体的に記入
  例、○○夫の死亡の記載のあるもの、兄弟全員の記載のあるもの
     ○○夫の出生から死亡の記載があるもの。
◇最近、戸籍の届出をされた方は、○○月○○日に○○○届を○○○市区町村役場に提出と記入

注意事項

※桑名市は、平成10年11月21日以降、一部の戸籍を除き、電算化したことにより、戸籍謄本にかわり戸籍全部事項証明書を交付しています。電算化前に結婚や死亡で除かれた方は、現在の戸籍全部事項証明には記載されません。現在の戸籍が必要なのか、誰の戸籍がどの範囲で必要なのか詳細にお書きください。戸籍の基本単位は、夫婦とその子供です。

※住民票の写しを請求される場合、基本的には世帯主、続柄、本籍、筆頭者は省略されます。使いみちによって必要となりますのでご注意ください。提出先に確認のうえ、ご請求ください。必要事項の欄に、『世帯主および続柄だけ』、『本籍だけ』『全部必要』など明確に記入してください。

手数料 

戸籍の全部・個人事項証明(戸籍謄・抄本) 1通につき450円
除籍・改製原戸籍 1通につき750円
戸籍の附票・身分証明書・住民票の写し 1通につき200円

同封していただくもの

戸籍謄・抄本等交付申請書(郵便用) [48KB docファイル] 戸籍謄・抄本等交付申請書(郵便用) [324KB pdfファイル] 

○手数料は、必要な金額の定額小為替を郵便局でお買い求めください。
   (定額小為替の指定受取人の欄には何も書かないでください。現金・切手はご遠慮ください。)
○返信用封筒に返信先の住所・氏名を記入し、切手を貼ってください。
  (不足分は、受取人払いとなります。また、お急ぎの場合、速達料金でお願いします)
○請求者の本人確認ができるもの(運転免許証・パスポート・保険証等)のコピー
○代理人申請の際は必ず委任状が必要です。
○直系の親族の戸籍を請求される方は関係を証明できる書類(コピー可)が必要です。

宛て先

郵便番号511―8601  三重県桑名市中央町2丁目37番地  桑名市役所 戸籍・住民登録課