入居に関する留意事項

1.入居していただく住宅は、いずれも従前入居者が退去し、空き家となった住宅です。生活機能上支障のない範囲での修繕はいたしますが、新設並みということではありませんので、ご承知おきください。

2.入居契約時に、敷金として入居時の家賃の3ヶ月分と入居月の日割家賃を納付していただきます。部屋の鍵はそのときにお渡しします。

3.契約時に連帯保証人をつけていただきます。(連帯保証人は市内に居住し、現に市営住宅に入居せず独立の生計を営み、入居者と同等以上の収入を有する方。但し、入居者の親族の場合は市外の方でも認めます。)

4.毎月の家賃のほかに団地毎の共益費(階段灯・外灯の電気代、汚水処理費等)等が必要です。

5.浴槽、風呂釜、照明器具及び網戸等は、原則として入居者にて設置していただきます。

6.専用駐車場は設置されておりません。ただし、団地ごとに空地を駐車場スペースとしてできるだけ有効に利用していただいています。(一部の団地は、有料専用駐車場有り)

7.犬、猫、鳥等のペット類は、鳴声や悪臭等のため他の入居者に迷惑をかけることになりますので、飼育はお断りします。

8.家賃は、毎月月末までに納付していただきます。家賃を3ヶ月以上滞納されますと、住宅を明渡していただくことになります。

9.入居後、毎年入居者全員の収入等の報告をしていただくことになります。所得や住宅規模等に応じて、家賃は異なります。

10.市営住宅に入居された方は、公営住宅法や桑名市市営住宅の設置及び管理に関する条例等を守っていただくことになります。

退去に関する留意事項

1.引っ越しする15日前までに市営住宅返還届を都市管理課へ提出してください。

2.入居中に損傷したところ(例・・・襖・畳の破れ、ガラスの破損等)は、自費で修理していただきます。※ただし、経年劣化による損傷の場合を除く。

3.模様替、風呂釜・浴槽、その他入居者が設置した機器類等の撤去を行い、入居時の原形に戻してください。

4.水道、電気、ガス等の供給停止の手続きをとって、料金を精算してください。

5.住宅係の退去立会い検査を受け、指摘された修繕を行ってください。(費用を負担していただきます。)

6.市営住宅の鍵(物置を含めて)を全て返してください。

7.自治会長さん、班長さん、そして隣近所の方々にも退去の挨拶をしましょう。

家具類転倒防止対策について

 家具類の転倒を防止するため、壁等に転倒防止器具類を設置しようとするときは、事前に「市営住宅模様替承認申請書」を都市管理課まで提出し、市の承認を受けてください。なお、家具類転倒防止器具の設置に伴い生じた壁の傷穴については、退去時において現状に回復することは不要です。