昭和57年1月1日以前に建設された住宅について、一定の耐震工事(1戸当たり50万円を超えるもの)を行った場合、工事が完了した年の翌年度から、工事完了時期に応じて固定資産税を減額します。
減額期間は下記のとおりです。
※平成25年3月31日以前の改修工事契約であれば30万円以上となります。

減額対象期間 

  • 平成25年1月1日から平成32年3月31日までの改修 1年間
    建築物の耐震改修の促進に関する法律に規定する「通行障害既存耐震不適格建築物」であった場合は、2年度分

減額対象床面積及び減額の割合

1戸当たり120平方メートル相当分まで対象となる固定資産税額の1/2が減額となります。

減額を受けるための手続き 

現行の耐震基準に適合した工事であることの証明書を受けて申請していただきます。