ふるさと納税制度を利用して、自分の選んだ自治体に寄附をおこなった場合に、寄附額のうち2,000円を超える部分について、所得税と翌年度の住民税から控除される制度です。(一定の上限はあります。)

なお、控除を受けるためには、寄附先の都道府県・市区町村にワンストップ特例申請をおこなっていただくか、確定申告時に寄附金控除の申告をしていただくかのいずれかになります。

また、返礼品等を受け取った場合の経済的利益については、一時所得に該当しますのでご留意ください。

※ 制度の概要(イメージ)については、総務省のホームページをご覧ください。

 

ふるさと納税の上限額について

ふるさと納税による寄附金税額控除は、ふるさと納税を行った年の所得額及び控除額に基づいて控除額が計算され、その翌年度の個人市・県民税から控除される制度です。

そのため、ふるさと納税を実施した時点ではその年の所得額及び控除額が確定していないため、正確な上限額を計算することはできません。

 

関連ページ

 ふるさと納税のしくみ(総務省)(外部リンク)