Q.質問

会社を退職して社会保険を抜けました。国民健康保険に加入して、保険税はいつから納めればよいのでしょうか。

A.回答

加入の手続きを市役所で行うと、届け出をした月の翌月に納税(入)通知書を送付しますので、決められた納期によって納付してください。
なお、保険税額の計算の基礎は、加入の資格を得た月からになります。加入の届け出をした月からではありません。

Q.質問

国民健康保険税を納めなければどうなるのですか。

A.回答

国民健康保険税を納めていただいていない方の場合、通常の被保険者証に代えて「短期被保険者証」または「被保険資格証明書」を交付いたします。
「短期被保険者証」とは、有効期限が短縮された(通常の被保険者証の有効期限は1年)保険証です。
「被保険資格証明書」は、それを使って医療機関での診療は受けられますが、医療費は全額自己負担になります。
いずれの場合も完納されたときに、改めて被保険者証を交付いたします。また、災害やその他の政令で定める特別な事情が生じたと認められるとき(届け出が必要)は、改めて被保険者証を交付いたしますので、保険年金課保険係でご相談ください。