私たちは、だれでもいつかは年をとり老後を迎えます。また、病気やけがで障害者になったり、一家の働き手をなくしたりすることもあります。そんなときに私たちの暮らしを支えてくれるのが公的年金制度です。国民年金は公的年金のひとつで、日本に住む20歳以上60歳未満の方は、だれもが加入しなければなりません。

国民年金の被保険者には次の3種類があります。

第1号被保険者

自営業・農漁業・自由業などに従事している方等や学生で、日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の方

第2号被保険者

厚生年金や共済組合に加入している方

第3号被保険者

厚生年金や共済組合に加入している方に扶養されている配偶者で20歳以上60歳未満の方