桑名市総合計画では、「快適」「交流」「自立」を基本理念とし、「住み良さ日本一」のまちづくりをめざしています。

誰もが住み良いと感じられるまちづくりとは、障害の有無にかかわらず、誰もが地域で普通に暮らすことができるノーマライゼーション社会の実現にほかなりません。

誰もがお互いに人格と個性を尊重し、共に支え合う社会をつくることがわたしたちの使命といえます。

2006(平成18)年4月から障害者自立支援法が施行され、障害の種別にかかわらず障害のある人が必要とするサービスを利用できるよう制度が一元化されました。“施設から在宅へ”という流れの中で、住み慣れた地域における自立と社会参加を支援する環境づくりが求められてきました。

こうした状況を踏まえ、このたび障害のある人の生活全般に関する施策を推進するための指針として「第2期桑名市障害者計画」を策定いたしました。

本計画は「ともに生き、ともに支え合う やさしいまちづくり」を基本理念とし、すべての市民が参画して、人権が尊重され、能力が発揮できる社会の実現を目標としています。今後はこの計画に基づき施策の充実を図るとともに、人にやさしいまちづくりを進めていく所存です。

市民の皆様には、この計画の趣旨と重要性をご理解いただき、一層のご協力をお願い申し上げる次第です。

最後になりましたが、この計画の策定にあたりまして、アンケート調査を通して貴重なご意見をいただきました市民の皆様、並びに熱心なご審議を賜りました桑名市障害者計画策定委員会の皆様に対しまして、心から感謝申し上げます。


 

2008(平成20)年3月
桑名市長 水谷 元