1 当事者と行政と市民の協働による推進

障害のある人を取り巻く問題・課題は、当事者の努力や行政の支援だけで解決できるものではありません。障害のある人が住み慣れた地域で安心して暮らし続けるためには、地域の住民やボランティアによるさまざまな支援が必要不可欠です。そこで、計画の推進にあたっては、市民に協力を求め協働による施策の展開をめざします。

2 サービスの質の確保

障害福祉サービスなど、多くのサービスは民間の事業者が提供するようになりました。行政の役割として、サービスの量の確保に加え、質の確保が重要になってきています。サービス利用者が主体的にサービス提供事業所を選択できるよう情報の提供に努めるとともに良質なサービスが提供されるようサービス提供事業者の指導・監督に努めていきます。

また、サービス利用者からの苦情解決や、提供事業者が抱える困難事例への支援に努めます。

3 計画の進行管理

障害のある人が安心して暮らせる福祉のまちづくりの実現に向けて、市民の幅広い意見を反映させ、障害者福祉施策を推進することを目的として、桑名市福祉のまちづくり推進委員会が設置されています。この委員会において、本計画の進捗状況を評価するとともに施策の具体的実施についての協議を行います。

4 庁内の推進体制

本計画は、福祉の分野に限らず、保健、教育、防災、まちづくり、就労など幅広い分野にまたがった計画であるため、障害福祉課が中心となり、庁内関係部署が相互に連携して施策を推進していきます。

5 広域的な連携

広域的に取り組む必要のある事項については、県および障害保健福祉圏域内の市町と連携して推進していきます。