計画の趣旨

本市においては、合併前の2000(平成12)年3月に旧多度町、2001(平成13)年3月に旧桑名市、2003(平成15)年3月に旧長島町がそれぞれ障害者計画を策定しており、これらの計画に基づき、障害のある人に関する施策を推進してきました。障害者基本法の改正、障害者自立支援法の制定を踏まえ、障害のある人の自立支援という観点から、施策を総合的・計画的に推進するため、「第2期桑名市障害者計画」を策定しました。

この計画の対象は

 この計画の対象とする障害のある人とは、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳所持者のみでなく、発達障害のある人、高次脳機能障害、難病患者など日常生活や社会生活で支援を必要とするすべての人としています。

障害者福祉計画 - 計画の趣旨・基本理念等

 

 

 計画の基本理念

ともに生き、ともに支え合う やさしいまちづくり

桑名市総合計画では、「健康で思いやりのあるまちづくり」を基本構想の一つとしており、障害のある人の施策に関しては、“障害のある人が地域社会の一員として自立して生活できる環境が整っており、一人ひとりが必要なサービスを自ら選択し利用できるまち”を具体的な将来像としています。

本計画は、こうした桑名市総合計画に描かれたイメージの実現をめざし、障害のある人に関する総合的な施策を推進するための指針です。

したがって、本計画がめざすのは、障害の有無にかかわらず、すべての人が社会の対等な構成員として、人格を尊重され、自己選択と自己決定のもとにあらゆる社会活動に参加するのが普通である社会の実現、すなわちノーマライゼーション社会の実現です。