• できるだけ、昼間に「かかりつけ医」で受診しましょう。
  • 安易な休日・時間外の救急受診は控えましょう。
  • 安易な救急車の利用は自粛しましょう。
  • 医師や看護師等と患者が、思いやりのある優しい関係をつくりましょう。