戦争で公務上負傷された方、あるいは死亡された方の遺族で、一定の要件をみたす方に対して、戦傷病者手帳の交付、障害年金、遺族年金の支給、給付金、特別弔慰金の支給などの援護が行われています。