昭和56年に建築基準法の耐震基準が改正されました。そこで、旧耐震基準(昭和56年以前)において施工された建築物については、現在の耐震基準に適合しているかを判断するために、耐震診断を行いました。

耐震診断および耐震化実績一覧 [71KB pdfファイル] 

小・中学校 校舎

耐震診断

旧耐震基準に該当する小・中学校合わせて26校の校舎について、平成7年度から平成18年度に耐震診断を行いました。

診断結果

そのうち21校について、補強工事を必要とする診断結果が出ました。

補強工事 

21校全ての校舎について、平成9年度から平成19年度に補強工事を行い、耐震化を完了しました。

小・中学校 体育館

耐震診断

旧耐震基準に該当する小・中学校合わせて16校の体育館について、平成13年度から平成17年度に耐震診断を行いました。

診断結果

そのうち 14校について、補強工事を必要とする診断結果が出ました。

補強工事

14校全ての体育館について、平成16年度から平成22年度に補強工事を行い、耐震化を完了しました。

幼稚園 園舎

耐震診断

旧耐震基準に該当する幼稚園16園について、平成15年度から平成21年度に耐震診断を行いました。

診断結果・補強工事

診断結果により補強が必要な園舎については、平成22年度から平成24年度に補強工事を行い、耐震化を完了しました。

 

耐震改修工事施工例(平成18年度施工 明正中学校校舎耐震補強工事)

桑名市立小・中および幼稚園の耐震診断および耐震化工事実施計画一覧 桑名市立小・中および幼稚園の耐震診断および耐震化工事実施計画一覧
明正中学校 施工前 明正中学校 完成
※ブレース(斜め材)や補強壁を入れたり、重量を軽く(高架水槽の解体撤去)したりすることで耐震性能を向上させます。

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

 PDF

Adobe Readerをダウンロード>>