「桑名市人権センター はーとふる」は、2000年4月にあらゆる差別をなくしていくための人権啓発の拠点施設として設立されました。
今後も、差別のない明るい都市・桑名の実現に向けて、取り組んでいきます。

常設展示

部落問題、女性、障害者、子ども、外国人、高齢者などさまざまな人権についてのパネルを展示しています。

企画展

人権センター展示室において毎年、テーマを設けて特別展示を開催しています。
また、公共施設でパネル展示を行っています。日程は、広報やホームページなどでお知らせします。

人権・同和問題 学習講座

毎年、講師をお招きして、さまざまな人権についての学習講座を開催しています。

人権フェスタ

人権講演会、コンサート、演劇の開催、障害者施設の自主製品販売コーナー及びパネル展示などを設けて、多くの方に来ていただけるイベントを開催しています。

人権フェスタ 会場写真   

人権週間中の街頭啓発

12月の人権週間中に、桑名駅前などで、啓発ちらしを配布し、人権尊重への理解を求めています。

 

地区人権啓発推進会の設立に向けての支援と設立後の協力

小学校区を基本に、地域の方々が自主的に人権啓発活動や人権学習を行っている地区人権啓発推進会への育成と支援をしています。
平成23年9月現在、18地区で設立されています。

図書・ビデオ・DVD・パネルの貸出

400冊ほどの人権に関する図書と約200本の人権啓発ビデオ(DVDを含む)をそろえ、貸出を行っています。
また、人権に関するパネルや過去の企画展で展示したパネルの貸出を行っております。
企業や地域での研修や学習イベントにお役立てください。

 

啓発冊子の提供

さまざまな人権に関する啓発冊子を配布、提供しています。
企業や地域での人権研修、家庭や個人での学習などに、ぜひお役立てください。

桑名市人権センター はーとふる

人権擁護委員による人権相談

毎月第3水曜日(10時00分から15時00分)に、人権擁護委員による特設相談を行っています。
人権擁護委員は、市町村長が人権の擁護という仕事に理解を持ち、最もふさわしい人として推薦し、法務大臣が委嘱した方々です。

センター職員による相談は、月曜日から金曜日、午前8時30分から午後5時まで、随時、受付しております(お電話でも承ります)。

なお、当センターの相談は、当事者間の介入や指導を行う法的な権限がございませんので、必要な情報の提供と関係機関の紹介および連絡を行います。

 

 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための 

無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。Adobe Reader はこちらのリンク先より、      PDF        

無料ダウンロードができます。

 

Adobe Readerをダウンロード>>