平成22年8月5日(木曜日)、「多度のイヌナシ自生地」が国の天然記念物に指定されました。 

桑名市では初めての国指定天然記念物となります。

「多度のイヌナシ自生地」は、多度峡の南側の丘陵にあるみどりヶ池のほとりにあります。イヌナシは、約3,000平方メートルの自生地の中に46株あります。成木とともに多数の実生が見られ、日本最大級の自生地であり、自然状態での更新が進むと期待され、学術的価値が高いと評価されています。ここでは、平成16年度から地域住民やNPO・行政などが協働して保全活動を行い、保全に取り組んでいます。市民のみなさまのご参加をお待ちしています。

 行事の予定 イヌナシの花を見る会 4月 ・ イヌナシ自生地保全活動 秋      

 また、教育委員会でまとめた「多度のイヌナシ自生地保護計画」を、市内の図書館などで閲覧できるほか、市のHPからダウンロードできます。