課題

 自動車を中心としたライフスタイルへの変化や道路の整備に伴い、交通渋滞や事故、排気ガス・騒音等の公害、公共交通機関の衰退等のさまざまな問題が生じています。

 特に鉄道やバスといった公共交通機関では利用者の減少から経営状態の悪化が進み、路線の縮小・廃止が現実の問題として起こっています。

 市では、公共交通機関の維持・確保とともに、人や環境にやさしいまちづくりに向けた取り組みを進めています。

 公共交通機関を利用しましょう

 公共交通機関は、高齢者や学生など運転免許を持たない方々にとって欠かすことのできない移動手段です。

 また、マイカー利用と比較しても維持する経費や温室効果ガスの排出量が少なく家計や環境にやさしい移動手段です。

 さらに歩いて移動する機会が増え、カロリーを消費することで健康増進につながり、車内で読書するなど時間を有効に活用できます。

 市が負担する運行経費は、利用者が多いほど少なくなります。一人でも多くの方にご利用いただくことで、税金を効率的かつ効果的に活用して公共交通機関を維持することができます。

 私たち一人ひとりがマイカー中心の交通利用を見直し、公共交通機関の継続的な利用を考えてみましょう。

 

通勤手段と肥満の人の割合および旅客輸送機関別の二酸化炭素排出量