タコノアシ(被子植物・双子葉類・ユキノシタ科)

 花は8月下旬から咲きはじめ、秋には紅葉して目立ちます。大きく生長したものでは80cmほどにもなる多年草です。たくさんの小さな花をつけ、1mm未満の小さな種子が多数できます。

 多くの花がついた枝が茎の先に分かれて伸びている様子を蛸(タコ)の足、花を吸盤に見立て、この名がついたと言われています。

 市内では、木曽三川河口域の河川敷や川縁に生育しています。繁殖力は比較的強いようですが、市内では生育環境の変化により絶滅が危惧されています。

【桑名市自然環境保護推進員 市川 正人

タコノアシ