ヤマトシジミ(チョウ目シジミチョウ科)

 

 市街地の中、わずかに残った草にかれんに飛ぶ小さなチョウがいます。ヤマトシジミと呼ばれ、4月上旬から現れて11月ころまで産卵を繰り返します。

 幼虫はカタバミを好んで食べます。カタバミはコンクリートの裂け目にも生える強い植物で、このヤマトシジミも都会の真ん中で生息するたくましいチョウです。

 幼虫には、アリが好む甘い汁が出る分泌腺があるため、周りでトビイロケアリなどがねだっているところを見ることができます。

 【桑名市自然環境保護推進員 川添 昭夫】