ウラシマソウ(被子植物・単子葉類・サトイモ科) 

 多度山麓の林のほとりに生える多年草で、サトイモの仲間です。仲間には、ミズバショウやマムシグサがあります。

 写真のように不思議な形で、花のつく軸の先端が細長く伸びて、垂れ下がっています。このような形を、浦島太郎が釣り糸を垂らす姿にみたてて名付けられたようです。

 開花の時期は5月頃、悪臭を放ってハエを集め受粉します。また、栄養状態によって雄株から雌株に転換がみられる植物です。 

  【桑名市自然環境保護推進員 川添 護】

                                                                                     images/content/25709/20120705-115339.jpg