ベンケイガニ(十脚目ベンケイガニ科)                                               

 真っ赤な爪と赤い甲羅、いかつい体つきから、源義経の従者として知られる武蔵坊「弁慶」の名が与えられています。揖斐川河口の

あし原に穴を掘って住んでいます。

 同じ環境には、黒みが強くさらにいかめしい体つきのクロベンケイガニが多数いますが、数が少ない赤色のベンケイガニの方がよく目

立ちます。

 ベンケイガニと似たカニにアカテガニという、より陸に適応したカニがいますが、市内ではあまり見ることがありません。

 いずれのカニも、大潮の満潮時に卵を海に放つ必要があるため、海水と縁を切ることができない生きものです。ベンケイガニは、厳冬

期を除いて一年中見ることができます。

【桑名市自然環境保護推進員 森 勇一】                             

                                /images/content/28016/20121029-132902.jpg