●クサギカメムシ(半翅目カメムシ科)

 窓わくや柱の裏側にかくれているムシにさわって強烈な臭いにさらされた人も多いことと思います。カメムシは成虫越冬するため,冬の間,家の中に入ってきて,人とニアミスを起こします。そんなとき,そっとだっこするように持って外に出せばよいのを,嫌悪のあまり激しく刺激し,カメムシの放つ臭いをもろに浴びてしまうのです。家の中に入るのは,クサギカメムシかマルカメムシに限られますが,野外には多くのカメムシがいて,異なった臭いを発します。

 カメムシの仲間は,臭いをコミュニケーションの手段に発達させた昆虫界きっての香りの使い手なのです。

 【桑名市自然環境保護推進員 森 勇一】   

                           

                                     カメムシ