桑名市就学前施設再編実施計画が策定されました。

乳幼児期は、子どもたちが健やかに育ち、生涯にわたる人間形成の基礎が培われる重要な時期であり、自主性と社会性を育むために適切な環境の中で教育を行うことが極めて大切です。

しかし、公立幼稚園では年々園児数が減少し、休園となる園が出るなど、子どもたちの社会性を育むための望ましい集団の確保が喫緊の課題となっております。また、幼保一元化の検討が重ねられるなど、就学前教育をめぐる国の動向に合わせた対応が必要です。

本実施計画は、平成24年8月に出された「桑名市就学前施設の再編に関する答申」の主旨を踏まえ、国の動向も見据えながら、「子どもたちの育ち」を中心に定めるものです。 

実施計画は桑名市就学前施設再編実施計画 [1391KB pdfファイル]