6月14日に厚生労働省において開催された厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会で、子宮頸がん予防ワクチンの副反応について審議されました。

この結果、ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛が子宮頸がん予防ワクチン接種後に特異的に見られたことから、副反応の発生頻度等がより明らかとなるまでの間、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を積極的に勧奨しないよう、厚生労働省から勧告がありました。

そのため、桑名市におきましても、積極的な接種勧奨を差し控えることにしました。

なお、接種をご希望の方は、これまで通り定期接種として無料で接種が受けられます。

接種に当たっては、下記の「リーフレット」を参考に、有効性とリスクをご理解いただいた上でお受けください。

 厚生労働省作成のリーフレット「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆様へ」.pdf [1379KB pdfファイル]