●ウツボグサ(被子植物・双子葉類・シソ科)             

 日当たりのよい山野の草地にはえる多年草です。
 茎は切口が四角形で、6から7月頃に高さ20から30cmの稲状についた鮮やかな紫花が咲き、草むらの中でひと際目立ちます。
 和名の由来は花穂(かすい)の形が弓矢を入れる靫(うつぼ)に似ているからといわれます。
 また、夏には花穂(かすい)が黒く枯れるから「夏枯草」(かこそう)という別名も持っています。花後は基部から横たわるように茎を伸ばして繁茂します。

  【桑名市自然環境保護推進員 川添 護】