桑名市では体験しながら省エネルギー行動や地球温暖化対策の重要性について学ぶ、環境学習「出前講座」を市内各小学校で実施しています。これは、「みんなでつくるエネルギー自立都市をめざして」をコンセプトに平成25年3月に策定した「桑名市スマート・エネルギー構想」を推進するものです。

平成30年度の実施校

  • 6月12日   大成小学校        4年生 省エネルギー教室
  • 6月21日   伊曽島小学校悠分校 3~6年生 風力発電工作教室
  • 10月9日   星見ヶ丘小学校       5年生 省エネルギー教室
  • 10月28日   益世小学校        5年生 省エネルギー教室
  • 1月30日   桑部小学校        6年生 省エネルギー教室
  • 2月15日   深谷小学校        6年生 省エネルギー教室

講座内容

参加型学習(2時限)
 省エネルギー教室
  • 5から6班に分かれ、家庭で使用している電気製品を発表しあうワークショップ。
  • ラジカセやテレビが動くかな? 発電の大変さを体験する自転車発電体験。
  • 白熱電球、蛍光灯電球、LED電球を点灯させる、手回し発電体験
  • プロペラファンや電子オルゴール、ソーラーカー模型がホントに動くの?太陽光発電実験
  • まとめは、環境クイズと体験した感想を話し合うグループワークショップ。

講座の様子

講師の説明 電気製品、何があるかな?
みんなの前で発表 テレビやイルミネーション点いたよ!
いろんな実験器具があり触って試せます 手回し発電機の説明の様子

 

  風力発電工作教室         

  • 日本の風力発電の現状や風力発電の種類などの講義。
  • 風力発電機作成
  • 厚紙で支柱・プロペラを作る。
  • 風力発電工作キットのモーターとLEDを装着し完成。

 講座の様子

講義を真剣に聞いてます 工作開始
型紙に沿って切るので失敗しないで作れます はんだ付けは講師が行います
プロペラが回り、LEDが点いたよ プロペラに色を付けるときれいだね

  

講師の皆さん
  • 環境学習サークルみえ
  • 三重県地球温暖化防止活動推進員
  • 省エネルギー普及指導員

  次代を担う子どもたちにエネルギーの大切さや省エネへの関心をもってもらい、子どもたちからご家族に話してもらうことも期待し、今後も各小学校及び各講師と調整しながら出前講座を実施していきます。