●ヤマガラ(スズメ目シジュウカラ科)                          

 ヤマガラは平地や山地の常緑広葉樹林に生息し、冬季になると市街地でも見ることがあります。

 鳴き声は「ツツピー、ツツピー」とさえずります。

 昆虫、クモ、木の実などを食べます。ドングリやシイ類の堅い実は足ではさみくちばしで割って食べます。冬の食料として木の実など樹皮の隙間や土の中に埋め貯える習性があります。

 キツツキの古巣などに巣を作り繁殖することもあります。

【桑名市自然環境保護推進委員 川添 昭夫】