配偶者等の親族がいない、または音信不通の状況にある、判断能力が不十分な認知症の高齢者等にかわり、市長が成年後見開始の申立をし、成年後見制度による保護を受けることにより、認知症の高齢者等の生活を支援します。

対象者

市内に居住する、判断能力が不十分な認知症の高齢者等であって配偶者もしくは4親等以内の親族がいない方、またはこれらの親族があっても音信不通の状況にあるなどの事情のある方。

 

費用

申立費用及び後見人等の報酬は、申立て対象者の負担とします。
〔各種申請書〕

成年後見制度利用支援事業助成金交付申請書 [54KB docファイル] 

成年後見制度利用支援事業助成金交付申請書(死亡時) [54KB docファイル]