ホソバオグルマ (被子植物・双子葉類・キク科)

 堤防や河川敷などの草地に見られる多年草です。

  草丈は20から50cmで7から10月頃黄色の頭状の花をつけます。

  類似のオグルマに比べ、葉は細く幅は10mm以下で花も一回り小さく3cm以下です。名前の由来は細い葉がつき小さい車のような花の姿から付けられたと言われています。

  この植物は三重県レッドリスト種に挙げられています。

  これからの堤防改修による絶滅が心配です。

【桑名市自然環境保護推進員 川添 護】