ヌートリア (ネズミ目ヌートリア科)

    大型のネズミの仲間で、南アメリカ中南部原産の外来種です。河川の流れのゆるい場所や池などでくらし、土手などに巣穴を掘って生活しています。

  戦時中、兵隊さんの防寒用に毛皮をとるため、1939年ごろ持ち込まれました。体の外側は剛毛がおおわれていますが、内側には柔らかい毛があり、水中生活でも寒さが苦にならないようになっています。

  水辺の植物を食べますが、イネや野菜類も食べてしまうことから、河川の周辺では農業への被害が見られます。

  特定外来生物(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)に指定されている他、世界の侵略的外来種ワースト100(国際自然保護連合)、日本の侵略的外来種ワースト100(日本生態学会)にも指定されています。

【桑名市自然環境保護推進員  内山 潔】